2013年06月25日

VAIO Pro11ブラック、VAIO Pro 13とFit 15の[red edition]の展示開始!

0625e
先週、「VAIO Pro 11」のブラックモデルと、
「VAIO Pro 13」「VAIO Fit 15」[red edition]
展示実機が入荷。

「ソニーフェア in AKIHABARA」に3日間行きっぱなしだったので、改めて紹介。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●VAIO Pro 11(タッチパネル搭載モデル)ブラック

0620a0620b
0620c0620l
VAIO Pro 11 「SVP1121A1J」
ソニーストア販売価格:128,800円(税込)~
●ブラック(タッチパネル搭載モデル)

「VAIO Pro 11」のブラック(タッチパネルあり)モデルの梱包は、
通常のつや消しの黒いパッケージに型番が印刷されているもので、
ここまではだいたいいつもと同じだけど、
箱を開けると、周辺機器が先じゃなくて、VAIO Pro 11の本体が
こうして黒い枠に鎮座して現れるので少し新鮮。

「タッチパネル搭載モデル」で、
天板は、カーボン繊維が光のあたり具合で見え隠れする。

0620o0620d
0620e0620k
液晶パネルとベゼルは一枚板になっていて、
グレアなタイプではあるのだれど、
「液晶保護シート」を貼り付けしているので、マットな感じに見える。

なにしろ小さくて、それでいて軽くて、
片手で持っただけで簡単にヒョイっと持ち上がる。

本体だけでもバッテリー駆動時間は11時間と
かなりのロングバッテリーだけれど、
付属のACアダプターはかなり小ぶりなので、
一緒に持って行ってもあまり苦にならないのと、
充電用のUSB端子も利用できるので、実質かなりお役立ち。

0625h
展示機のスペックと
Windows8のコンピューターのパフォーマンスと評価。

CPU:Core i7-4500U(1.80GHz)
メモリー:4GB
Intel HD Graphics 4400
SSD 約256GB

プロセッサー        ・・・6.9
メモリー(RAM)       ・・・5.9
グラフィックス       ・・・5.8
ゲーム用グラフィックス  ・・・6.4
プライマリハードディスク ・・・8.1

・11.6インチサイズでモビリティとパフォーマンスを実現した待望の「VAIO Pro 11」(その1)
・11.6インチサイズでモビリティとパフォーマンスを実現した待望の「VAIO Pro 11」(その2)
・11.6インチサイズでモビリティとパフォーマンスを実現した待望の「VAIO Pro 11」(その3)
・ソニーストアで見てきた「VAIO Pro 11」。タッチパネルあり/なしの違いも。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●VAIO Pro 13(タッチパネル搭載モデル)[red edition]

0625f
VAIO Pro 13 | red edition「SVP1321A1J」
ソーストア販売価格210,000円~

そして、ソニーストア限定で、単なるカラバリではなく
「VAIO | red edition」というカテゴリーで
VAIO Duo 13、VAIO Pro 13/11と、VAIO Fit 15/14の全5機種から登場。

0620f0620g
0620i0620j
通常モデルとは異なる専用の化粧箱で、
パッケージの紙の材質も良く、そのプレミアム感が箱を開ける瞬間から伝わってくる。

おそらく記憶が正しければ、
こういったパッケージになっていたのは、
VAIO TZシリーズの505edition以来ではないかと。

VAIO Pro 13/11の通常カラーと[red edition]共通で、
ディスプレイを開くと、VAIOロゴのはいったブラックのクロスが敷いてある。

0620h0625g
単なるカラーバリエーションとしてのレッドという位置づけではなくて、
専門職人による多層塗布、手磨きをして、
さらにUVコーティングを施すという凝り具合。

カーボン、アルミニウム、モールドといった素材の違いごとに、
それぞれに何層にも重なる塗装を行っている。

液晶周囲のベゼルやキートップはブラックで、
パームレストやタッチパッド、キーボード周辺の色使いは
同じ赤でも見え方が違ってくる。

VAIO Pro 13は、13.3型でタッチパネルを搭載しながらも
約1060gという軽量ボディになっていて、
かつSSDも約256GB、約512GBを選ぶと
PCIe対応のハイスピードSSDになってデータの転送速度が大幅に高速になって
外出先でも本気で使えるモバイルVAIOとしてフルに活用できる。

0625i
展示機のスペックと
Windows8のコンピューターのパフォーマンスと評価。

CPU:Core i7-4500U(1.80GHz)
メモリー:8GB
Intel HD Graphics 4400
SSD 約256GB

プロセッサー        ・・・6.9
メモリー(RAM)       ・・・7.6
グラフィックス       ・・・6.3
ゲーム用グラフィックス  ・・・6.3
プライマリハードディスク ・・・8.6

・VAIO Zシリーズの視点から「VAIO Pro 13」を見てみる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●VAIO Fit 15[red edition]

0625c
VAIO Fit 15 | red edition「VF15A1A1J」
ソーストア販売価格170,000円~

それから、VAIO Fit 15の「VAIO | red edition」、
こちらは今現在(2013年6月25日現在)発売となっていないけれど、
展示実機のサンプルとして入荷。

0625a0625b
06250625d
アルミニウムの天板やパームレストには、
クリアコーティングとUVコーティングが施された
艷やかなレッドの光沢感が手にとって確認する事ができる。

底面やタッチパッド、キーボード部分はマットなレッドカラーとなる。

液晶周囲のベゼルやキートップはブラックとなっていて
[red edition]共通のカラーリング。

・スマートフォンやカメラの母艦として使いやすい新スタンダードノート「VAIO Fit 15」
・ソニーストア限定モデルとなる、VAIOノートエントリーモデル「VAIO Fit 14E」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今週末の発売日には、
スライダーハイブリッドPCVAIO Duo 13[VAIO | red edition]の展示実機も入荷予定。



・2013年夏モデル 発売機種のご案内:VAIO



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52082130