2013年06月27日

ローパスフィルターレスの解像感を極限まで追求する「DSC-RX1R」!

icon
ソニーから、35mmフルサイズのCMOSイメージセンサーを搭載した
コンパクトデジタルスチルカメラ“サイバーショット”の最上位モデル「DSC-RX1」に加え、
新たに、ローパスフィルターレスの「DSC-RX1R」を発表!

・「解像感を研ぎ澄ます」 光学ローパスフィルターレスの“サイバーショット”『RX1R』を発売

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●光学ローパスフィルターレスとすることで
 究極の解像感を求めた『DSC-RX1R』


icon
「DSC-RX1R」は、「DSC-RX1」と同じく
35mmフルサイズ 有効約2430万画素“Exmor(エクスモア)”CMOSイメージセンサーと
カールツァイス「ゾナーT*」35mm F2の大口径単焦点レンズを一体化して、
高速・高画質処理を可能にする画像処理エンジン“BIONZ(ビオンズ)”を搭載する同型モデル。

フルサイズのイメージセンサをレンズ一体型設計、
レンズと撮像面の位置をミクロン単位で調整して優れた画質と、
ISO100-25600の幅広い感度をもった、
デジタル一眼カメラのハイエンド機並の高画質撮影ができる。

薄型設計を可能にする薄型非球面レンズ「AAレンズ」を採用することで
フルサイズセンサーを持ちながら手のひらに収まる小型ボディを実現。
開放絞り値F2の大口径レンズや、美しいぼけ味を生み出す9枚羽根の円形絞りを採用して
より被写体をより際立たせることが可能。

レンズ部にあるマクロ切り換えリングによって
接写撮影(最短撮影距離20センチ)も出来る。

さらに、光学ビューファインダーやサムグリップといった
システムアクセサリーに対応した「マルチインターフェースシュー」を搭載する。

0627z
「DSC-RX1R」の「DSC-RX1」との違いは、
光学ローパスフィルターレス仕様になっているという事。

「DSC-RX1」では、
光をフィルターに通す事で、モアレや偽色が発生しにくいように拡散させる
多点分離方式のローパスフィルターを採用しているのが通常で、
この場合、ほんのわずかながら解像感を犠牲にしている部分がある。

それをあえて「DSC-RX1R」では、
ローパスフィルター層を含まない光学フィルターにする事で、
レンズを通ってきた光を、そのままイメージセンサーへ伝える。

そうする事で、ローパスフィルターがないぶんだけ
より高い解像感を再現した映像を残す事ができる。

人工物にありがちな高周波パターンでも
極力、モアレや偽色は抑えているけれど、
そこはさすがに「DSC-RX1」にアドバンテージがある。

だたしそれが撮影するもの、
特に自然のものであれば、その綺麗さ解像感をより堪能できるという
この部分だけに特化したというのが「DSC-RX1R」となる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
ソニーストアでは、「DSC-RX1R」の発売を記念して、
「いまだかつてない究極の解像度を追求「DSC-RX1R」発売記念キャンペーン」
を開催。

ソニーストア銀座・名古屋・大阪で行われる
「DSC-RX1R」解体ショー&開発者トークショーと、
「DSC-RX1」、「DSC-RX1R」開発者との座談会に、
ソニーストアでの購入者先着50名を招待。
(2013年7月31日まで)

さらに、「DSC-RX1R」と一緒に使うと便利なアクセサリーを
本体と同時購入すると、ソニーポイント5%プレゼントされる。
(2013年8月30日まで)

icon
デジタルスチルカメラ「DSC-RX1R」
ソニーストア販売予定価格:248,000円(税込)
●ソニーポイント:5%(12,400ポイント)
●長期保証<3年ベーシック>付




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52082403