2013年08月22日

BRAVIAに、24型ワイドディスプレイの「KDL-24W600A」が登場!

icon
ハイビジョン対応のBRAVIA「W600Aシリーズ」に、
24型ワイドディスプレイの「KDL-24W600A」が登場!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●BRAVIA W600Aシリーズ
icon
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「KDL-24W600A」
ソニーストア販売価格:49,800円(税込)~
●長期保証<3年ベーシック>
●設置設定サービス付属

超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載して
さまざまなコンテンツをリアリティある映像として再現、
LEDバックライトを採用して、高コントラストで
低消費電力と薄型・軽量化に貢献。

「クリアフェーズテクノロジー」「S-Master」「S-Forceフロントサラウンド3D」技術を搭載して
パーソナルサイズでもしっかりとした音声を再生する。

スマートフォンやタブレットで操作できる「TV SideView」や
スクリーンミラーリング、MHL対応といった連携も可能。

無線LANも内蔵、
離れた部屋にあるBDレコーダーからの番組を見られる「ソニールームリンク」や
「Sony Entertainment Network」も利用できる。

外付けUSBハードディスク録画にも対応、
低遅延によりストレスなくゲームがプレイできる「新ゲームモード」も搭載する。

0822c
本体デザインは、ディスプレイ周囲が狭ベゼルで
かつ、鉱物のような質感を持たせていている。

また、新BRAVIAとしては、初めてのカラバリで
ブラックの他にナチュラルホワイトが用意されていて
パーソナルサイズだけに
好みで部屋や周囲の家具とコーディネートできる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

従来のBRAVIAでは、22型、26型という小型サイズが存在していたけれど、
2013年の新モデルでは、春の時点では32型までしかラインナップされていなかっった。

そこで今回、ようやく24型というパーソナルサイズが追加登場。
24インチというと、ちょっと前までは
PC用ディスプレイの大型サイズという認識があったけれど、
ここまでのギリギリの狭いベゼルになった事もあって
横幅も54.5cmと設置スペースも非常に少ない。

ただ残念ながらディスプレイパネルの解像度は
フルHD(1920x1080)ではなくて、1,366×768と32型と同じで
あくまでも解像度をウリにはしていないので
PC用のディスプレイとして使うには多少物足りない。

少ないスペースに、ちょっとイカしたテレビを置きたいと考えれば、
デザインは非常によく出来ていてチープ感はないので
選択の余地はある。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL