2013年09月08日

DSDと192kHz/24bitリニアPCM、ハイレゾ対応のポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2」

icon
DSD(Direct Stream Digital)を再生できる
ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2」を発売。

・5.6MHz/1bitのDSDRと192kHz/24bitのリニアPCM音源再生に対応し、
 原音の忠実な再現を極限まで追求したポータブルヘッドホンアンプ『PHA-2』


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0908j

昨年発売された「PHA-1」の上位機種となるのが、この新モデルとなる「PHA-2」。
新たに、5.6MHz/1bitのDSDや、24bit/192kHzのリニアPCMといった
ハイレゾリューション・オーディオ音源再生に対応したのが最大の特徴。

非同期伝送方式(Asynchronous)により
送信側(PCやウォークマン)のクロックジッターの影響を排除することで
DA変換時の波形再現性を向上している。

また、
iPhone/iPad/iPodとのデジタル接続にも対応、
オーディオデータをデジタルのまま伝送して
アンプの高品位DACでアナログ変換することで原音に忠実で自然な高音質を再現する。

0908k
内部部品には、
35μmの厚膜銅箔プリント基板やオーディオ回路のフィルムコンデンサといった
高品位なオーディオ専用部品を採用、
アナログ回路とデジタル回路を分離させたレイアウトとして
干渉による不要な内部電気的ノイズの発生を低減する。

内部に2個のクロック発振を持ち(22.5792MHz、24.576MHz)、
44.1k、88.2k、176.4k用および48k、96k、192k用とでクロックを切り替えて
どちらの信号にも同期して復調させるアナログ変換をする。

高音質ラインアウト用オペアンプ(LME49860)や高品質DAC(PCM1795)、
高品質ヘッドホンアンプ(TPA6120)、などを採用搭載する。

0908n
ボディは、
アルミケースを採用して強度を高めながら音質劣化の原因となる外部ノイズを徹底的に低減、
さらに亜鉛ダイキャストダンパーでおおわれ、
ボリュームノブやケーブルのプラグ部を保護する。

0908l
ゲイン切り替えスイッチを本体側面に配置、
インピーダンスの異なるヘッドホンをしっかりと駆動させる。

このD/A変換出力を、外部機器に接続して
D/Aコンバーターとしても利用可能。

0908m
シリコンベルト同梱して、
手持ちのプレーヤーをボディと一緒に固定することができる。

バッテリーライフは、
アナログ接続時(AUDIO IN)で、約17時間、
iPhone/iPodとのデジタル接続時で、約6.5時間。

充電にかかる時間は、
AC アダプターからで、約 3.5時間、
PCからの接続で、約7時間。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2」
市場想定価格:55,000円前後
2013年10月1日より先行予約販売開始予定
【メール登録中】





Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52093735