2013年09月11日

最大出力100Wの重低音2.1chスピーカー「GTK-N1BT」

icon
最大出力100Wの2.1chスピーカー「GTK-N1BT」を発売!

・最大出力100Wのハイパワーアンプ&大口径16cmサブウーファーを搭載。 躍動感あふれる重低音サウンドを楽しめるハイパワーオーディオ「GTK-N1BT」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

0911j0911k
0911h0911i
ハイパワーオーディオスピーカー「GTK-N1BT」は、
実用最大出力100W(20W+20W+60W)のハイパワーアンプと、
直径6.5cmのフルレンジスピーカーを2つ、
さらに16cmのサブウーファーを搭載した2.1chスピーカー。

木製キャビネットを採用することで、スピーカーの振動に対する共振を抑え、
高性能DSPにより効果的に音圧を制御、切れのあるパワフルな重低音を再生。
設置場所に合わせて横置き、縦置きができる。

0911e
それから、音の演出として、
音楽に連動してカラフルに光るマルチカラーLEDを搭載、
カラフルに光る「RAINBOW」、青系のグラデーションで光る「OCEAN」、
音楽連動せず間接照明のように色が切り替わる「MOODY」といった具合に、
好みに合わせて全10モードに変化できる。

再生する音楽に合わせて設定できる“Sound EQ”として、
R&B/ROCK/POPs/HIP HOP/FLATの5つのサウンド効果を選択。


0911n
Bluetooth標準規格Ver.3.0に準拠。

Bluetoothを搭載する“ウォークマン”やスマートフォン、タブレットとペアリングして
音楽をワイヤレスで再生できる。

0911o
NFCを搭載していて、
NFC機能搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ対応Android搭載スマートフォンであれば
煩わしい設定をしなくてもペアリングでき、
接続・切断・接続切り替えまでもが、ワンタッチで出来る。

0911f
例えば、
NFC搭載(おサイフケータイ対応)スマートフォンを
「GTK-N1BT」にタッチすると電源がONになり、Bluetooth接続が完了、
もう一度タッチするとBluetoothの接続が切れる。

もしくは、「GTK-N1BT」以外のNFC搭載スピーカーなどにタッチすれば
「GTK-N1BT」とのBluetooth接続が切れて、スピーカーとBluetooth接続ができる。

今までのBluetoothの接続のわずわらしさがなくなってかなり簡単。
9台までの機器をペアリングすることができる「マルチペアリング」となっている。

Androidアプリ“App Remote”をスマートフォンにインストールして
「GTK-N1BT」をワイヤレスで操作する事もできる。

0911d

Bluetoothの音声コーデックは、SBCに加えて、AAC、aptXにも対応。
より高い音質で楽しめる。

圧縮された音源でよくある
高音域がなくなってしまう部分をを補完して、
オリジナルの音により近い広がりのある音で再生する「DSEE」を搭載。

0911m
また、FMチューナー、
そしてWALKMAN端子とUSB端子を搭載。

付属のウォークマン専用ケーブルを使って、ウォークマンをつなぐと
そのまま操作して音楽を再生したり
ウォークマン自身の充電もできる。

USB端子には、
iPhone/iPodをケーブルで接続して音楽を再生
本体側のボタンで曲の再生や停止もできて、かつiPhone/iPodの充電もできる。

その他のスマートフォンでは、ケーブルを接続して充電、
USBメモリーを差し込めば、保存されている音楽を再生といった事もできる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
ハイパワーオーディオ「GTK-N1BT」
ソニーストア販売価格:29,800円(税込)
2013年10月5日発売




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL