2013年10月15日

Xperia Z(SO-02E)、やっとAndroid 4.2へアップデート。

1015p
ソニーモバイルの「Xperia Z」の
ドコモが販売するモデル「SO-02E」に、いまさr…
じゃなくてようやくandroid4.2へのアップデート。

・Xperia Z SO-02Eの製品アップデート情報:NTT docomo

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1015c1015d
アップデートはPC経由で「PC Companion」を利用するか、
もしくはXperia端末本体から行える。

データ量は、さすがにOSのアップデートだけあって約252.6MBと大きい。

Xperia Zに通知が来てたからそのままアップデートするか、
もしくは、ホーム画面からメニューを開いて「設定」画面から
「端末情報」にある「ソフトウェア更新」すればOK。

元のビルド番号は、「10.1.D.0.317」、「10.1.D.0.322」、「10.1.D.0.333」、「10.1.D.0.343」で、
新たなビルド番号は、「10.3.1.B.0.256」。

0301c0301d
ダウンロードが終わると、
インストール、アプリの最適化の更新作業が進んで、
無事にXperiaが起動すれと、アップデートは完了。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1015j1015k
1015l1015m
今回のアップデート内容としては、
OSがAndroid4.2.2へと変わったのが大きなトピック。

というか、グローバルモデルのXperia Zは
もうとっとと4.2になってたり
Xperia Z UltraもXperia Tablet Zもすっかり4.2なので
かなりイマサラ感がただよいつつ、
このままアップデートされないよりは断然マシ。

ホーム画面の、ステータスバーとナビゲーションバーが透過されて、
背景画面がより大きく見えるのと、
ロック画面が上か下にスワイプしてホーム画面に移行するものに変更。

左右スワイプは、右にスワイプでカメラ起動、
左スワイプは、ウィジェットを追加もできるみウィジェットを追加できる。

1015e1015f
画面右下にあるアイコン押して「最近使ったアプリ一覧」を呼び出すマルチタスク管理は、
一つ一つスクショの内容が見て取れるくらい大きくなった。

左右にフリックして一つづつ終了と「全アプリ終了」はそのまま健在。

スモールアプリはプリインストールされてるアプリは専用のアイコンへ、
さらに左下の矢印アイコンをタップすると
最近増えてきたスモールアプリを管理できる「アプリトレイ」が開く。

Xperia Z Ultraでできた、スモールアプリの複数時起動は、
残念ながらできなかった。

1015n1015o
Xperia AやXperia Z Ultraで使える「クイック設定ツール」も追加。

ホーム画面の上からドロップしてにょきっと出てくるクイック設定で、
ここが好みの機能に割り当てられる。
5コ以内にすると1行、6コ以上で2行になる。

1015g1015h1015i
その他、
Bluetoothデザリングが追加されたり、
「アルバムアプリ」の共有オプションから、「SDカードにコピー」ができるようになったり、
PlayStation 3 専用ワイヤレスコントローラ「DUALSHOCKTM 3」の接続に対応、
「ノートアプリ」で、ハイパーリンク(電話番号/ウェブサイトアドレス/添付データ)に対応
といった機能が追加されている。

まだ、ガッツリと使ったわけじゃないけど、
Xperia Zを充電していて、例えばMicroUSBを抜くとか充電台から外したあと、
今まで数秒動作を受け付けてくれないタイムラグみたいなのがあって
イライラしてたのだけど、それが改善されてるみたいで
ここはうれしい。


・Xperia Tablet ZにAndroid4.2.2を含むソフトウェアアップデート!
・「Xperia Z Ultra」をぼちぼちいじってみた雑感。
・Xperia Z Ultra(3G版)にアップデートで「X-Reality for mobile」とスモールアプリ複数起動が追加!



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52099420
この記事へのコメント
勉強になりました。ありがとうございました。
Posted by hori at 2013年11月16日 09:46