2013年12月18日

”α7”の予備バッテリーを充電するのに便利なバッテリーチャージャー「BC-TRW」

1218a
デジタル一眼カメラの”α7”とか、
「NEX-5T」「NEX-6」って、本体についてるMicroUSBから充電できて
これはこれでとっても便利なんだけど、
予備バッテリーを持ってる場合に何かと便利なのが専用のバッテリーチャージャー。

以前のモデルは、バッテリーチャージャーも付属していたけれど
今は本体充電ができるせいでACアダプターとトレードオフになってしまっていて
NEX-7使ってる時とか、やっぱりあると便利だったから欲しくなる。

1218b1218c
ちょうど新しく出てきたのがバッテリーチャージャー「BC-TRW」は、
ソニーストアで5,695円(税別)

Eマウント用のバッテリー「NP-FW50」を充電するバッテリーチャージャーとしては、
従来は、「BC-VW1」で、これがわりと大きめだったけれど、
「BC-TRW」は随分とコンパクト。

外に持っていくにも邪魔にならないのはいいかも。

大きさ:約 幅42×高さ35×奥行79mm
質量:約67g

1218d1218i
コンセント部分は傾向性を重視して折りたたみ式で、
本体の上ギリギリに配置してあるから
上下方向にコンセントがあった場合でももう一方を塞がないし、
横に並んだコンセントでも幅が42mmと短くて、隣のコンセントを塞ぐ事もないのでいいね。

入力電圧はAC100-240V 50/60Hzに対応していて
もちろん海外でも使用可能。

それと、
本体充電する場合よりも短時間で充電できるというメリットもあって
公称値ではあるけれど、
本体で満充電にするには約280分かかるものが
バッテリーチャージャー使用時で約220分で満充電にできる。

1218e1218g
バッテリーの△マークを、バッテリーチャージャーの△マークとあわせて
カチっとはめ込んで充電。

2つのLEDランプがついていて
0~30%で、まず[CHARGEランプ]が点灯、
30%~60%で、充電状況の緑ランプ1コ、
60%~90%で、充電状況のランプ2コ、
90%になると、充電状況のランプ3コと点灯して、CHARGEランプが消灯、
満充電になると全てのランプが消灯する。

本体で充電するにしても、前モデルの「BC-VW1」で充電するにしても、
充電中のオレンジランプと、終了したら消灯の2パターンしかなかったから
こうして通知ランプで実質5段階で、充電状況が確認できるのは結構便利。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1218a
”α7”を使ってると
やたらとバッテリーを消費してしまって、
予備バッテリーを2コ持つようにしてるのだけど
もうこうなると本体充電だけで、バッテリーの渋滞がおきる。

それこそ旅行にカメラを持ってくと、時間が限られてるから
本体で充電しながらバッテリーチャージャーで充電してとか
手分けしたい時もあるしそうなるともはやこれは必須アイテム。

コンパクトになってチャージ状況も見えるし
これはEマウントカメラユーザーにはかなりオススメ。


・35mmフルサイズを片手で持ち歩けちゃうEマウントカメラ”α7”(その1)
・35mmフルサイズを片手で持ち歩けちゃうEマウントカメラ”α7”(その2)
・35mmフルサイズを片手で持ち歩けちゃうEマウントカメラ”α7”(その3)
・ついに来たよ35mmフルサイズのコンパクトデジタル一眼Eマウント”α7”!
・やたらウキウキで、初めてα7/α7Rを持って撮影してきた!
・α7を持って、横須賀港に撮影に行ってみた。
・α7にマウントアダプター+望遠レンズで、呉港に撮影に行ってみた。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon


icon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52108319