2014年01月31日

レンズスタイルカメラ「DSC-QX100/QX10」がパワーアップしたからカメラっぽく使ってみる?


レンズスタイルカメラの「DSC-QX100」「DSC-QX10」
ファームアップデートver2.00へアップデート。

・デジタルスチルカメラ サイバーショット™『DSC-QX100』、『DSC-QX10』
ファームウェアアップデート開始のお知らせ


「DSC-QX100」「DSC-QX10」に、はじめてのアップデートだけど、
微妙に物足りなかったカメラ機能が増えてるのはうれしい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●DSC-QX100/10をアップデート

0131k
アップデートの方法は比較的簡単。

発売時に出荷の
ファームウェアバージョンが「ver1.00」から、「ver2.00」へ。

・デジタルスチルカメラ「DSC-QX10」本体ソフトウェアアップデート開始のお知らせ
・デジタルスチルカメラ「DSC-QX100」本体ソフトウェアアップデート開始のお知らせ

そして、手持ちのPCを使ってソニーのサイトから
アップデートファームウェアをダウンロードして起動。

PCと「DSC-QX100/QX10」を接続して
ウィザード通りに進んでいけば、ファームウェアアップデートは数分程度で完了。

注意点として、バッテリー残量がある程度必要
(バッテリーゲージが3個以上)なのであらかじめフル充電にしておいたほうが確実。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●DSC-QX100/10の機能アップ。

0131b0131a
早速テストしてみようって事で、
Xperia Z Ultraとつないでみる。

NFCマークをお互いに近づけてピコリンと音がすると、
Wi-Fiの接続とパスワード入力も自動で行って
そのままアプリ(PlayMemories mobile)が立ち上がる。

0131f
まず、「DSC-QX100」のメニューに、
「おまかせオート撮影」、「プレミアムおまかせオート」、
「(P)プログラムオート撮影」、「(A)絞り優先撮影」に加えて、
「(S)シャッタースピード優先撮影」が加わっている。

シャッタースピードのモード自体が今までなかったけれど、
新しく加わったことで、
30秒から1/2000秒までを好みで設定できる。

0131j

「DSC-QX100」を手持ちで撮っていてブレてしまいそうな時は、
シャッタースピードを上げて撮る事もできるし、
本体を三脚で固定して、光や水の流れるような画を撮影といった
本格的なカメラと同じ事もできるようになる。

0131i
それから、ISO感度設定で[160-3200]、オートのみだったものから
最高感度は、12800まで上があり、
かつオートでもマニュアルでも設定が可能になった。

「(P)プログラムオート撮影」、「(A)絞り優先撮影」、「(S)シャッタースピード優先撮影」
の撮影モードそれぞれで調整可能になっていて、
マニュアル操作が可能になったおかげで、
自分の思い通りに設定して撮影できる。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

0131d
「DSC-QX10」は、
「(P)プログラムオート」撮影の際に、
ISO感度が[100-1600]までだったものから、最高感度が3200まで上がっている。

それから、こっちもオートのみだったけれど、
マニュアルでの設定が出来るようになったので
暗がりの撮影をする場合でも、撮り方がまた随分と幅が広がってくる。

QX10には、いまのところ
絞り優先やシャッタースピード優先といったモードは非搭載。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

もうひとつは動画機能の進化。
「DSC-QX100/QX10」ともに
1920×1080/30fpsのフルハイビジョン動画撮影が出来るようになっている。

アップデート前だと動画記録は、
MP4:12M(1,440 x 1,080/30fps)だったけれど、
MP4:16M(1,920 x 1,080/30fps)になってフルHD動画が残せるようになった。

てっきり、両方が設定で変更できるのかと思ったらそうではなくて、
フルHD動画記録のみだった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●レンズフリーが得意なのに、
 あえて、強制的にカメラスタイルにする意義を考えてみる。


0131e 
0126z130126z14 
こうしてカメラ機能が充実してくると、
それこそ
「DSC-QX100」は、「DSC-RX100M2」に、
「DSC-QX10」は、「DSC-WX300」
ひけをとらない存在になってきた。

それぞれ分離して撮影できるのはもちろん良いとして、
こうやってXperia Z Ultraカメラアタッチメントケースをガシっとくっつけてカメラ風になると
レンズとスマホのディスプレイが一直線上にならんで撮りやすくなるし
手ブレも防いで、しっかりと撮影できるのもいいかなと。

0131c
それとか、このカメラアタッチメントケースって、
Xperia Z Ultraのカメラ穴が開いてて、
普通にスマホ側のカメラも使えるよなーと思ったら、ピーンと閃いた!!

あえて、「PlayMemories mobile」を起動せず、
スマホ側のカメラを立ち上げて、
例えば、スマホ側カメラで動画を撮影しつつ、
静止画撮りたいと思ったら、レンズスタイルカメラのシャッターボタンを押して撮る。

画角の違いもあるからそうそううまくもいかないかもしれないけど、
2つのレンズが同じ方向を向いてるから
動画と静止画を同時に撮れるから、子供の運動会に…
って、それだったらデジタル一眼カメラとハンディカム両方用意するか…○┼< バタッ

もしくは、スマホ側でライブ配信しながら、静止画撮影
ってやり方もあるから、ダブル撮影もありなんじゃないか?
と使い方をムリヤリ妄想してみたり。

0131g
と、そんなポジティブな使い方の前に…。

「DSC-QX100/QX10」が出てきた当初は、レンズスタイルカメラとスマホは分離して使うものだと
片手にレンズスタイルカメラ、もう一方の片手にスマホを持って、
必死にアングルフリー撮影してたけど、人の多い中でそれをやってると、
レンズスタイルカメラ知らない人から見ると、
その姿はそれはそれは奇妙な光景に映る(んじゃないか?というチキンハート)

怪しい目で見られてる(と自分が察した)時、サッとアタッチメントにくっつけて、
「ホラ!こうしてくっついたらカメラなんだよ!(;゚∀゚)=3ハァハァ」
と、何気にアピールできる!

保険がきくってすばらしい…。

こんなネガティブ要素もカバーしてくれる
「DSC-QX100/QX10」とアタッチメントケースの組み合わせはアリかもしれないね:(;゙゚'ω゚'):


・レンズ型カメラ「QX100/QX10」を持って出かけて1日遊んでみた雑感。
・レンズ型カメラ「DSC-QX100/QX10」が来たから大きさと機能をチェックしてみる。
・俺は、カメラ(QX100/QX10)をスマホにつなぐぞーっ!ジョジョーーッ!!
・レンズ型カメラ「DSC-QX100/QX10」を触ってみた雑感。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52114353