2014年02月22日

やっと日本で発売になったPlayStation 4を嬉しげに開封してみる。

0222b
2013年6月にPlayStation 4(PS4)に発表されて、
欧米他地域で発売させるのを横目に我慢しつつ
やっとやっと2014年2月22日に、国内でも発売を開始!

長かった…。
なんだか年をまたいだからものすごく待った気がする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●PlayStation 4をようやく開ける時が来た!

02220222d
国内で販売されるPS4本体は、
PS4専用ゲームタイトル「KNACK」をPlayStation Storeからダウンロードできるプロダクトコード、
通常保証期間(メーカー保証期間)にプラス1年間の延長保証をセットにした
「PlayStation4 First Limited Pack」

さらに、それに加えて
「PlayStation Camera」を同梱した、数量限定の
「PlayStation4 First Limited Pack with PlayStation Camera」の2種類。

0222f0222a
カメラなんてすぐに使うこともないし必要な時に買えばいいかな?とおもったけど
銀座ストアでやったカメラ使ったゲームがあまりにもおもしろかったし
ちょっと安くなるし、カメラ付きを買っておいた。

「KNACK」のイラスト入りのパッケージかと思ったら、
紙状の箱を一枚多く被せてるだけなので
はがすと本来のパッケージになる。

まず、付属品。

1121i1121q
1121n1121o
PlayStation4専用ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)「CUH-ZCTJ」が1コと、
コントローラーに直接くっつけて使えるモノラルヘッドセットとMicroUSBケーブル、
HDMIケーブル、電源コード。

PS4専用ソフト「KNACK」のダウンロード用プロダクトコードと
延長保証1年分の「PlayStation 延長保証サービス」、クイックスタートガイド。

ワイヤレスコントローラーは、
従来のPlayStationシリーズの形をほぼ踏襲していて
特徴的なのは、中央にタッチパッド、そしてシェアボタンを備えていたり
コントローラーの上側に3色に変わるのライトバーを備えていること。

0222z40222z11
スピーカーもついていて、
ステレオヘッドホン/マイク端子にモノラルヘッドセットをセットしておけば、
別途Butluetoothヘッドセットを用意しなくてもいい。

複数プレイヤーで遊ぶ時にライトバーの色とゲーム内のキャラの色を連動させたり
キャラクターが受けたダメージに合わせてライトバーの色を替えたりといった
ゲームの情報を連動させる事ができる。

従来の“SELECTボタン”と“STARTボタン”は集約して“OPTIONSボタン”に、
新しく付いた“SHAREボタン”がわりと重要で、
SNSですぐにアピールしたり、ライブ配信を通じてゲームを友人に生中継といった事ができる。

・待ち遠しくて、PS4専用ワイヤレスコントローラー「CUH-ZCTJ」だけ先に触ってみる!

0222z120222z5
同梱版用のPlayStation Camera「CUH-ZEY1」。

対角視野角85度の広角レンズの高感度カメラが2つ付いていて
空間の奥行きまで正確に検出、プレイヤーだけを背景から切り取るとか
2人で遊んでいてもそれぞれプレイヤーの前後関係を把握できる。

4つもマイクを搭載していて、音の方向検出もできたり
ユーザーの顔をあらかじめPS4に登録して顔認識ログインにも利用できる。

PS4をおもしろいと思わせる要素に一役買う存在になるはず。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

0222i
0222g
そして、PlayStation 4(PS4)の本体。

そのデザインを初めてみた時は、
思わず、VAIO type Xを思い浮かべてしまったけど、
どちらかというと、2世代前のPlayStation 2に通じるものがあるというか、
あの鋭角的なデザインが個人的にはかなりウェルカムなデザイン。

外形寸法は、約 275mm×53mm×305mm(幅×高さ×奥行き)で、
質量は、約2.8kg。
けっこうコンパクトだし、わりと軽い。

PlayStation3の初期モデルのイメージがあっただけにこれはかなり拍子抜けした。

0222h
公式ページのうんちくからすると、
光学ドライブから電源ブロック、冷却機構に至るまで小型軽量化を徹底的に追求して
このデザインが可能になったと。

本体の外観は、表面を4つのブロックに分けて、連結部に幅を持たせて、
そこにディスクスロット、ボタン類、電源ランプ、通風孔を集約して配置、
平面デザインが生きる意匠に。

全体は、マットなブラックを基調として、
HDDベイのカバー部分のみが光沢のある素材になっている。

0222k0222j
電源ボタンを軽くタッチすると、本体の上に直線のラインになっている電源ランプが
白く、青く、赤く、ビカーン!と光る。

縦置きでも横置きでも、電源ボタンを推したりディスクの出し入れがしやすいように
かつ背面のケーブル類が目立たないように、前後にナナメに傾斜をつけたスッキリとしたデザイン。

前面に、
光学ドライブ (読み出し専用)「BD 6倍速 CAV、DVD 8倍速 CAV」
と、USB(USB 3.0)ポート×2。

背面に、
HDMI 出力端子、光デジタル出力端子、AUXポート、
Ethernetポート (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)。

他、Wi-Fi(IEEE 802.11 b/g/n)と、BluetoothR 2.1(EDR)を内蔵する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●PlayStation 4をセットアーップ(超省略)!

0222l
ひとまずPlayStation 4(PS4)をセットアップ!

というか、電源を投入したあたりからPlayStation3の初期セットアップとまるで同じで
ワイヤレスコントローラーをUSBケーブルでPS4につないだ状態でPSボタンをポチ、
ぶっちゃけ新鮮味もなく、ネットワーク設定と、カメラ設定、時刻設定したら起動。

SENアカウントでログインしたら、
ソニー既存のサービス(PlayStation Store、VIDEO/Music Unlimited)はそのまま使える。

0222y
よおおおおし、オマケの「KNACK」も、β版の「FINAL FANTASY14」も
PS4体験版もダウンロードしまくるぞぁ!
と、思ったけど、ひとまずその前にやる事があった…。

この本体のストレージ容量って、約500GBだったな。
実質空き領域を確認したら、約409GB。

今まで母艦として使ってきたPlayStation 3の500GBが飽和状態で
新しいゲームをダウンロードするたびに
何かアンインストールしなきゃいけない状況を考えたら、足りなくなるのは時間の問題。

って、事で本気で使う前にHDDの換装しよう。
続く。




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52117271
この記事へのトラックバック
・やっと日本で発売になったPlayStation 4を嬉しげに開封してみる。 の続き。 PlayStation 4(PS4)をガッツリ本気で使うぞ!とその前に、 規定の500GBのままじゃ少ないなーって事で、 内蔵HDDを換装して容量アップして使ってみよう。 先行して海外でPS4が発売されてくれて
PlayStation4のHDDは、最初に大容量に換装しておこう。【ソニーが基本的に好き。】at 2014年02月23日 19:48