2014年03月19日

CDプレーヤー搭載のハイレゾ対応マルチオーディオプレーヤーシステム「MAP-S1」!

icon
192kHz/24bitのハイレゾリューション・オーディオに対応した
マルチオーディオプレーヤーシステム「MAP-S1」を4月19日に発売。

・ハイレゾ音源の再生対応に加え、CDなどの音源もアップスケールして再生
 USB-DAC機能も搭載したマルチオーディオプレーヤーシステム『MAP-S1』発売


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●ハイレゾリューション・オーディオ音源に対応。


0925d
「MAP-S1」は、
CDの約3倍から7倍の情報量をもつDSD音源(2.8MHz)を含むハイレゾ音源の再生や
DSEE HXを搭載して、CDや圧縮音源を、最大192kHz/24bit相当に拡張して再生ができる
マルチオーディオプレーヤーシステム。

PCとUSBで直接接続した場合にはDSD(192kHz/24bit)までの再生が可能で、
“ウォークマン”ZXシリーズ「NW-ZX1」や、「NW-F880シリーズ」
USBケーブルで直接接続してハイレゾ音源を再生したり、
PCからのDLNA経由でワイヤレスでもハイレゾ音源の再生も出来る。

0319i
音声信号をフルデジタル処理して、ハイレゾ音源の再生に対応した「S-Master HX」を搭載。

超高域を含めた全帯域でノイズや歪みを低減、
低域から高域まで豊かな臨場感で再現する。

「DSEE HX」も搭載して
CDや圧縮音源を、ハイレゾ(最大192kHz/24bit)相当の高解像度音源に上げて、
よりリアル感を増した音楽を楽しむ事ができる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●DLNAとAir Playに対応したワイヤレスリスニング

0319n
DLNAに対応したサーバー(パソコン、ネットワークレコーダー)の音楽を
有線LANもしくはWi-Fi(IEEE 802.11b/g)でワイヤレスで再生可能。

ワイヤレスで使う際にもハイレゾ音源を再生できるというのがキモ。

0116k0116j
スマートフォン、タブレット、iPod/iPhone/iPadから
Android/iOSアプリ[ SongPal(ソングパル)]を使うと
別の部屋にあるPCに入ってる音楽を「MAP-S1」で再生、
さらにUSBで接続された機器の再生、
Music Unlimited、Tuneln Radio、radikoといったミュージックサービスを聴く、
そして音質の設定、といった操作ができる。

もちろん、Androidを搭載した“ウォークマン”やXperia、Xperia Tabletの中の楽曲を
「WALKMANアプリ」からワイヤレス再生や、
iOSの端末ならAirPlayでの操作も音楽再生にも対応する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●BluetoothとNFCでワンタッチで簡単ワイヤレスリスニング


Bluetooth標準規格Ver.3.0(プロファイル A2DP/AVRCP)に対応して、
ワイヤレスで音声を再生できるので、
スマートフォンやタブレットで音楽を聴きながら、
手もとでインターネットやTwitter、Facebookを操作したり、
YouTubeや動画、ゲームを、スピーカーから迫力のサウンドを堪能できる。

スピーカーの電源を切っておいても、スマートフォンや“ウォークマン”から電源を入れられる
「Bluetooth スタンバイ機能」や
Bluetooth接続解除してしばらくすると自動で電源オフになる便利機能も搭載。

0319m
また、NFCを搭載していて、
NFC搭載Bluetooth対応のスマートフォンであれば、
ワンタッチで、Bluetoothのペアリングができたり、
それ以降の、接続や切断もすべてワンタッチ。

別のNFC対応ヘッドセットにタッチすれば、
ワイヤレススピーカーとのBluetooth接続を切断して
ヘッドセットと接続できたりと、機器のいったりきたりも簡単。

「マルチペアリング」にも対応していて、
9台までの機器をペアリングすることができる。

0319j
コーデックは、SBCに加えてAAC、aptXにも対応する。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●USB A/B、LAN端子、オーディと入力と
 有線での確実で安心感ある接続と高品位なリスニングを。


0319l
CDプレーヤーを内蔵しているので、
音楽CDやMP3ディスクをクリアな音で楽しる。

そして本体には、USB A端子とUSB B端子の両方を装備。

ウォークマンやiPhone/iPad/iPodを直接接続(USB A端子)して
充電しながら音楽再生でき、
ウォークマン、USBメモリーのハイレゾ音源の再生もできる。

また、PCと接続(USB B端子)、
PC内のハイレゾ音楽ファイルをデジタル伝送して
伝送ロスなくハイレゾ音源(192kHz/24bit DSD)を再生する事ができる。

オーディオ入力端子も備えていて、アナログ入力でつないだとしても
96kHz/24bitのADコンバーターで処理、入力信号をロスなくデジタル信号化するので
より高品位な音声を再生する。

0319k
CDや、ラジオ、外部入力からの機器を
ウォークマンやUSBメモリーに録音。

CDからまるごど、もしくは単位で録音可能、
ラジオはタイマーでの録音もできる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

icon
マルチオーディオプレーヤーシステム「MAP-S1」
●ブラック/シルバー
ソニーストア販売予定価格:55,000円+税
●長期保証<3年ベーシック>付属

icon
スピーカーシステム「SS-HW1」
ソニーストア販売予定価格:56,000円+税
●長期保証<3年ベーシック>付属

CDプレーヤー搭載タイプのハイレゾ対応
マルチオーディオプレーヤーシステム「MAP-S1」。

USB DAC/アンプ「UDA-1」はPCのみの接続となるけれど、
マルチオーディオプレーヤーシステム「MAP-S1」は、
ワイヤレススピーカーシステム「SRS-X9」と同様に
多彩につながるのが特徴。

HDDオーディオプレーヤー「HAP-S1」までは投資できないけれど、
という場合には、10万円強でスピーカー「SS-HW1」含めて揃えられので、
ハイレゾを導入する場合の選択肢がもうひとつ増えた事になる。


手軽さといい音が実現できるのがワイヤレススピーカー「SRS-X9」


・ハイレゾ音源って何なのか?何で出てきたのか?をわかろうとしてみる。
・ひとまずハイレゾ音源を体感してみると、なかなか心が動くよ。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

icon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52120568