2014年03月28日

Xperia Z Ultraグローバルモデル(C6802)をAndroid4.4(KitKat)にアップデート!

0328p
・Xperia Z Ultra(3G版)にアップデートで「X-Reality for mobile」とスモールアプリ複数起動が追加!
・Xperia Z Ultraに、Android 4.3と各アプリアップデート!
に続いて。

Xperia Z Ultraのグローバルモデル「C6833(LTE版)」には、
早々に、Android 4.4(KitKat)が来てたのに、
なかなか自分の持ってるグローバルモデル「C6802(3G版)」に落ちてこなくて
イライラーっとしながら待ってたら、ようやく3月28日にアップデートが可能に。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●Xperia Z Ultraアップデート。

0328a0328b
Xperia Z Ultra「C6802(3G版)」をPCに接続して、
「PC Companion」からアップデート。

ビルド番号は、「14.2.A.0.290」から、最新の「14.3.A.0.681」、
Android OSは、4.3(Jelly Bean)から、4.4(KitKat)へ。

0328r
どこが変わったかな?というと、
まずはXperiaのライブ壁紙が登場。

今まではXperia専用の壁紙は動きそうで動かない静止画のものだけだったけど
ようやくライブ壁紙にもXperiaのテーマが出てきて
ウヨウヨとディスプレイをスクロールすると動く。

0328j0328o
「Xperiaテーマ」には、ライブ壁紙を含むAirと、
他に、Earth、Heat、Silk、Sunny、Vintage。

さらに、ここから別のテーマもダウンロードできるようになっていて、
追加していく事もできる。
ただ、ダウンロードしようと思ったらどれも有料だったので思わずやめてしまったけど
お気に入りがあれば落としてみてもいいかも。

0328x0328y
「ホーム画面のグリッド」の変更もできるようになってる。

Xperia Z Ultraは、画面の大きさと解像度を活かして
6x6のたくさんのウィジェットとアプリのショートカットを置けていたけど、
大きいほうがタップしやすければ、5x5に変更できる。

0328i0328w
それから、設定に「ホーム」という項目が加わっていて、
「Xperiaホーム」とは別に「シンプルホーム」なるものがあって
こっちを選ぶと、利用頻度の高いアプリに厳選された
とってもシンプルなホーム画面になる。

0328q
実際やってみたら、本気でこんな画面にwww

アイコンも文字サイズも大きくて、
さらに、短縮ダイヤルが3つ割り当ててあって、
まさにシニア向けというか、こういう機能がこれからの機種にはいってれば
わりとスマートフォンを躊躇する年配の人にもすすめやすくなるかも。

0328g0328h
「ワンタッチ設定」は、
2台のXperia(Android 4.4以降)を持っていた場合、
それらとタッチで連動させられる設定。

「ワンタッチ設定」で連動させられるのは、
Bluetoothで接続、
スクリーンミラーリングで、Xperiaタブレットに画面をミラーリング、
Xperia Linkで、モバイルネットワークを共有、
Wi-Fi経由でメディアを共有するメディアサーバー、
の4つが利用できる。

XperiaとXperiaタブレットの2台(Android 4.4以降)を揃えると、かなりおもしろそうな予感。

0328c0328l
他にも、
「Windowsテザリング接続」ってのがあって、
Windows8.1以降のPCとXperiaをBluetoothでペアリングしたら
Xperia側の設定はしなくても
そのままPCからモバイルネットワークに接続できる。

「印刷」機能も加わって、クラウドプリントにも対応。

0328s0328t
そうそう、ディスプレイの上から下にプルダウンしたとき、
指一本で下げた場合は、「通知」を表示。

そこからタブになっていて、「クイック設定ツール」に切り替えるか、
もしくは最初から「クイック設定ツール」を出したいときは
指二本でさげるとそれが出てくる。

0328m0328n
「クイック設定ツール」は、さらに大きく表示されるようになって
今までの上限10コ枠をこえて、16コすべてを表示する事もできるし
必要なければ減らす事もできる。

0328u0328v
地味に変わっていておもしろいのが、
カメラアプリの「クリエイティブエフェクト」と「ARエフェクト」。

これが、動画撮影にも対応、
「ARエフェクト」にいたっては単純に動画が撮れるだけじゃなくて、
それっぽい効果音まで出てくるので
動画を撮ってもそれなりに楽しめるようになっていた。


<Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)のレビュー>
・「Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)」限定パープルを手にしたファーストインプレ!
・持ち運べる大画面が心地良い「Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)」
・Xperia Z Ultraを快適にするアクセサリーを使ってみる(その1)
・Xperia Z Ultraを快適にするアクセサリーを使ってみる(その2)
・Xperia Z Ultraでリモートデスクトップを使って「艦これ」をしてみよう!
・Xperia Z Ultra専用のバッテリー搭載ケース「Power Cover CP12」 をつかってみる。
・手持ち子機にしたり、2台同時接続が楽しいワイヤレスヘッドセット「SBH52」!


<Xperia Z Ultraグローバルモデルのレビュー>
・6.4インチサイズの「Xperia Z Ultra」の外観ファーストインプレ!
・「Xperia Z Ultra」をぼちぼちいじってみた雑感。
・Xperia Z Ultra(3G版)にアップデートで「X-Reality for mobile」とスモールアプリ複数起動が追加!
・Xperia Z Ultraに、Android 4.3と各アプリアップデート!


・EXPANSYS(エクスパンシス)




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52121669
この記事へのコメント
エクスパンシスで買ったXperia Z Ultraのグローバルモデル「C6833(LTE版)」を5.0.2アップデートしました。
何気にmoraで購入した絢香のハイレゾのデータをダウンロードしてみたら再生できました。
前のバージョンで試していなかったのでハイレゾ非対応のモデルがハイレゾデータをどう処理していたかが分からないのですが、5.0.2では「にじいろ」はちゃんと再生されているように思えます。
もしよろしければ試していただけませんでしょうか?
Posted by takaohirai at 2015年04月17日 00:04