2014年04月07日

ハイレゾ音源に対応したスピーカーシステム“CSシリーズ”を発売。

icon
ハイレゾオーディオに対応したスピーカーシステム、
ベーシックモデル“CSシリーズ”を発売。

・ハイレゾ音源の豊かな音を、家庭内で気軽に楽しめるスピーカーシステム“CSシリーズ”新展開
心地よい音を再現する、フロアスタンディング型スピーカー『SS-CS3』含む計4機種を同時発売


ソニーのスピーカーのラインナップは、
上位モデルとして“ARシリーズ”、“ESシリーズ”といったモデル展開をしていたけれど、
新たに、ハイレゾ音源の豊かな音を余さず引き出す音響性能をもつモデルでありながら
気軽に購入できるベーシックモデルとして“CSシリーズ”を投入。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●スピーカーシステム“CSシリーズ

icon
3ウェイ・スピーカーシステム(1台)「SS-CS3」
ソニーストア販売価格:14,000円(税別)
●長期保証<3年ベーシック>

3ウェイ4スピーカーシステム、バスレフ型のトールボーイスピーカー。
1台1組。

ソニー独自の19mm「広指向性スーパートゥイーター」、
25mm「ソフトドームトゥイーター」
「MRC(発泡マイカ)」素材を採用した、130mmのウーファーユニットを2基搭載。

高品位エンクロージャー設計と、
各スピーカーユニットに出力される帯域を分割するネットワーク部などに高品位な部品を採用、
スピーカーターミナルに真鍮削り出しの専用ターミナルを用いるなど、
高級ケーブルにも対応する。

icon
3ウェイ・スピーカーシステム(2台)「SS-CS5」
ソニーストア販売価格:18,500円(税別)
●長期保証<3年ベーシック>

3ウェイ3スピーカーシステム、バスレフ型のブックシェルフスピーカー。
2台一組。

ソニー独自の19mm「広指向性スーパートゥイーター」、
25mm「ソフトドームトゥイーター」
「MRC(発泡マイカ)」素材を採用した130mmのウーファーユニットを搭載。

高品位エンクロージャー設計と、
各スピーカーユニットに出力される帯域を分割するネットワーク部などに高品位な部品を採用、
スピーカーターミナルに真鍮削り出しの専用ターミナルを用いるなど、
高級ケーブルにも対応する。

icon
2ウェイ・スピーカーシステム「SS-CS8」
ソニーストア販売価格:9,500円(税別)
●長期保証<3年ベーシック>

2ウェイ3スピーカーシステム、バスレフ型のフロントスピーカー。

25mm「ソフトドームトゥイーター」と
発泡マイカを用いた口径100mmのウーファーユニットを2基搭載。
各所に高品位なオーディオパーツを採用。

回折の影響を抑え、濁りの無いクリアで明瞭なセリフを再生、
「SS-CS3」や「SS-CS5」と組み合わせ、ホームシアターシステムを組むのに最適。

icon
アクティブサブウーファー「SA-CS9」
ソニーストア販売価格:18,500円(税別)
●長期保証<3年ベーシック>

バスレフ型、アクティブサブウーファー。

発泡マイカの素材を用いた口径250mmのウーファーユニットと
高品位なオーディオパーツを採用。

コンパクトサイズながら、最大出力115Wのアンプを内蔵、
ホームシアターを組む際の低域を補うのに適したサブウーファー。


・ハイレゾ音源って何なのか?何で出てきたのか?をわかろうとしてみる。
・ひとまずハイレゾ音源を体感してみると、なかなか心が動くよ。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

icon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52122910