2014年04月17日

Xperia Z2で、4K動画を撮ってみる、そして観てみる。

0417
・グローバルモデル「Xperia Z2(D6503)」の外観ファーストインプレ!
・「Xperia Z2(D6503)」をいじりながら進化したところをチェック。
の続き。

「Xperia Z2」の大きい進化ポイントのひとつが、4K動画撮影機能。

現状、4K動画を撮れる機器はというと、
ハンディカムタイプの「FDR-AX1」とか「FDR-AX100」くらいしかないのに、
そこに4K動画撮影できてしまうスマートフォンのXperia Z2。

0417
カメラ自体は、Xperia Z1と同じ、有効約2070万画素積層型裏面照射型CMOSセンサー。

プロセッサーがSnapdragon 801(2.3GHzクアッドコア)、メモリー3GBと
もちろんスペックが上がったからそれも可能になったとされているけれど、
フルHD(1920x1080)の動画を処理するのと、
4K(3840x2160)の動画を処理するのじゃ負荷がまるで違うから
中は相当大変な事になってるんだろうなと思われ。

実際、4K動画を長時間撮影してたり再生してたりすると
本体がかなり発熱してくるから、あんまりムリは出来なさそう。

このスマートフォンという小さなボディでどれほどのものが撮れるのか?
というかあんまり期待しちゃけけないだろうなと思いながら撮影テストをしてみた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●Xperia Z2で、4K動画を撮ってみた。



まず最初に、室内で某1/1ぬいぐるみ(ヨタロウ)を
Xperia Z2で20秒くらい撮影して、youtubeにアップロードしたもの。
(音声は聞き苦しかったため、あえてカットしてあります。)

※別ウィンドウで開いて、設定から画質を「2160p 4K」に変更すると
 実質4K(3840x2160)での再生ができる。



そして次に、屋外に駐車してある軽自動車(Rapin)を
Xperia Z2で撮影、カット編集したものを、youtubeにアップロード。

音声に関して、もしかしたらかなり入力が小さいんじゃ?
と思われたけれど、そこそこ収録されている感じ。

ただし、ある一定の音よりも小さいと、
まるで聞こえなくなるので、音声収録をきちんとしようとすると
別途マイクを装着したほうが良さそう。



3番目は、屋外で手持ちスナップ状態で街歩きしながら
Xperia Z2で撮影、つなぎの編集をして、youtubeにアップロード。

0417c0417e
4K動画撮影時に設定でいじれるのは、明るさとホワイトバランス。
撮影したものはデフォルトのまま。

電子式手ブレ補正があるものの、
ほぼブレはそのまま映像に反映してしまうから
動かないように我慢するのが大変。

最後の場面シーンで、金魚ちょうちんがくるくると動くと同時に
AFが引っ張られて画面がウヨウヨと揺れてしまうのは仕方ないのかな?



4番目は、Xperia Z2の4K動画撮影時に
音量ボタンのプラスマイナスを押して、デジタルズームを使って撮影。

ズームが使えるというだけで、
デジタルズームなので画質が落ちてしまうし、
ズーム速度が一定のスピード、しかもかなり早いので
効果として利用するのは厳しそう。

0417a0417d
音量ボタンは、ズーム以外にも
音量、シャッターに割り振ることもできる。

シャッターボタンでも、録画の開始・停止が使える。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●撮った4K動画をBRAVIAで観てみる。

0416z6
Xperia Z2には、MHL 3.0の出力があるので、
MHL 3.0対応の4Kテレビに接続して、そのまま撮った4K動画を再生して観る事ができる。

と、そこまで理想的にいけばいいのだけど、
現実問題としてそうそう自宅のディスプレイが4Kにというわけにもいかなくて、
だとすると4K動画ってあんまり意味ないよねーと思ってしまう。

けれども、このXperia Z2で4K動画を再生中に、
画面をピンチアウトしてやると
そのまま動画を拡大する事が出来るとうのがミソ。



実際に、Xperia Z2とフルHD BRAVIA「KDL-32W700B」をMHLケーブルで接続して、
Xperia Z2で撮影した4K動画を再生、ズームしている様子。

0416z50416z4
元がフルHD(1920x1080)動画だとすると、そこから拡大しても
解像度が荒くなってしまうだけになってしまうけれど、
元画像が4K(3840x2160)であれば、そこから計算上4倍まで大きくしても
まるまるフルHDの解像度を保っているということになる。

しかも、拡大した部分は、
指で上下左右にフリックして、好きなところをピックアップして観る事ができるので、
動画を見ながら、いつでも4倍にズームして自在に操って見られると思うと
撮ったあとからでもかなり楽しめる要素になる。

0417b
それからもうひとつ、
「FDR-AX100」で録画した4K動画をそのままXperia Z2でも再生可能。

仮に、「FDR-AX100」にmicroSDXCをSDカードアタプター経由で差しこんで
4K動画を撮影、
その記録したmicroSDXCカードをXperia Z2に入れてやれば、
4K動画をそのままXperia Z2の画面で再生する事もできるし、
4K BRAVIAに4K動画として出力する事もできる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

トータルで使ってみた印象としては、
思ってたよりもしっかりとした4K動画が撮影できてる。

多少色が薄いというかのっぺりとした印象もあるけれど
音声も思ったより収録されているし、
あとはズームはなかったものとして撮影したほうがよくて
がっちり本体を両手で固定して撮れば、
スマートフォンサイズでここまで4K動画を記録として残せるのは凄いなと。

あとは長時間撮影は発熱するから向かないし
そもそもメモリーバカ食いするので、
10秒程度のスナップを切り取っていくと楽しいかも。

それから、再生時にピンチアウトで拡大して好きな分を自在に動かせるのは
いまのところXperia Z2だけなので、
「FDR-AX100」で撮った4K動画を、Xperia Z2で再生して遊ぶのもおもしろそう。

いやこれ、楽しかった。

次は、Xperia Z2のノイキャンとハイレゾ対応に続く。


<Smartband SWR10のレビュー>
・「Smartband SWR10」が来たからうれしげに腕に装着してみた。(更新)
・「Smartband SWR10」を身につけて自分のライフログを残していこう!

<Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)のレビュー>
・「Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)」限定パープルを手にしたファーストインプレ!
・持ち運べる大画面が心地良い「Xperia Z Ultra(Wi-Fiモデル)」
・Xperia Z Ultraを快適にするアクセサリーを使ってみる(その1)
・Xperia Z Ultraを快適にするアクセサリーを使ってみる(その2)
・Xperia Z Ultraでリモートデスクトップを使って「艦これ」をしてみよう!
・Xperia Z Ultra専用のバッテリー搭載ケース「Power Cover CP12」 をつかってみる。
・手持ち子機にしたり、2台同時接続が楽しいワイヤレスヘッドセット「SBH52」!


<Xperia Z Ultraグローバルモデルのレビュー>
・6.4インチサイズの「Xperia Z Ultra」の外観ファーストインプレ!
・「Xperia Z Ultra」をぼちぼちいじってみた雑感。
・Xperia Z Ultra(3G版)に「X-Reality for mobile」とスモールアプリ複数起動が追加!
・Xperia Z Ultraに、Android 4.3と各アプリアップデート!
・Xperia Z Ultraグローバルモデル(C6802)をAndroid4.4(KitKat)にアップデート!

・EXPANSYS(エクスパンシス)




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kunkoku/52124188
この記事へのコメント
スマホの機種変で、auからZ2かペリタブで
同様の装備があったら使いたいところです。
Posted by とんくん at 2014年04月17日 23:54
とんくんさん
そうですね、Z2のこういった機能の進化はかなり良いので、
国内モデルでもおそらく搭載されると思いますが
楽しみに待ちたいですねw

ちなみに、Xperia Z2 Tabletのグローバルモデルには
4K動画撮影の機能は搭載されておりませんので
こちらは国内モデルも同様かと推測されますのでご注意ください。
Posted by kunkoku at 2014年05月01日 21:37