2014年05月01日

79点AF、高速BIONZ X、Wi-Fi、NFCを搭載したα77兇鬟茵璽蹈奪僂波表!

0501z5
かねてから噂になっていたα77の後継機種とされるα77兇、
ソニーヨーロッパで公式に発表!

・Always in focus: new α77 II keeps shots razor-sharp with record-breaking 79-point autofocus system

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

デジタル一眼カメラ”α”シリーズ、Aマウント
α77兇侶身屬蓮ILCA-77 II」。
0501z6
撮像素子は、APS-Cサイズ、有効約2430万画素の“Exmor” CMOSセンサーに
画像処理エンジンは新たに「BIONZ X」を搭載。

ISO感度は100-25600(1/3ステップ)という幅広い感度領域に対応。

透過型ミラーでミラーを上下に動かすという動作を省いて表示と撮影を両立させた
「Translucent Mirror Technology(トランスルーセントミラー・テクノロジー)」を搭載、
最大で秒間12コマ/秒、連写枚数はJPEGで60枚。

α77では、「11点クロス19点AF」だったものから
α77兇任蓮「15点クロス79点AF」と中央にF2.8のセンサーを搭載。
露出はISO100でEV-2.0まで対応。

ボディ内手振れ補正を搭載、
シャッタースピードは、30〜1/8000秒。

動画撮影は、
フルHD動画(1920×1080)60p、フォーマットは、AVCHD 2.0/MP4。
0501z7
本体は、マグネシウムボディ。

電子ビューファインダーは、235.9万画素の有機ELを採用した
「XGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」。

背面モニターは、ホワイトマジックを採用した3型のディスプレイで、
3軸チルト機構を持つため
ハイポジションからローポジションでの撮影時でも無理のない体勢で撮影ができる。
タッチパネルには非対応。

AマウントでははじめてWi-FiとNFCを搭載、
マルチインターフェースシュー、マルチ端子を搭載するなど
昨今のEマウントのトレンドを投入。

また、3種類のカスタム設定を保存する事も可能で
11個カスタマイズ可能なボタンを搭載する。

0501z8
サイズは、142.6mm x 104.2mm x 80.9mm、
重量は、本体のみ647g(バッテリー、メモリーを含むと726g)。

発売は、ヨーロッパで2014年夏予定。

国内での発表はまだなく、
デジタル一眼カメラについては、海外モデルのみという場合も多々あるため
国内に投入されるかどうかはいまのところ未定。



・α77供Never miss the moment

<参考:2011年秋に発売されたα77>
・日常の一瞬をとらえるためのこだわりの性能を詰め込んだデジタル一眼カメラ”α77”




Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

icon

【TOPページへ】

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
videoはβを2台、カメラはα100➠200➠330➠55・77➠7R・NEX7➠そして現在は7Rと6000態勢です。レンズはカールツァイス・G を 含めマウントアダプター経由のものとE18〜200(位相差AF用バージョンアップ済み)・FE標準ズームでカワセミ撮影等楽しんでいますが、カタログの全面AF179ポイントは私のセットが悪いのか画面の真ん中に半分くらいしかありません。6000M(マイナス)兇覆里高価なツァイスレンズだけしかないのか不思議です。
Posted by ソニー好き at 2014年05月27日 20:01